契約スタイル

HOME > 契約スタイル
契約スタイル

一口に賃貸といっても、様々な契約・ご利用形態があるのをご存知ですか? このページでは賃貸借契約の種類・いろいろな利用形態についてご紹介します。

現在、賃貸住宅の契約スタイルは賃貸ユーザーのライフスタイルに合わせて多様化しております。ユーザーが契約に合わせるのではなく、ユーザーが契約スタイルを選ぶことができるのです。つまり、物件を選ぶのと同様に自分に合った契約スタイルを選択することが重要です。ここでは一般的な契約スタイルから様々な契約スタイルをご紹介します。

一般的な賃貸借契約でもここ数年、フリーレントというシステムが普及し始めました。
フリーレントの基本的な仕組みは、次の通りです。
例えばフリーレント1ヶ月の物件で、3月1日契約・賃料発生なら、3月分の1ヶ月間が無料になり、賃料の支払いは4月分からになります。尚、契約期間は3月1日からの2年間になります。

一般的な賃貸借契約では、契約時に必要なお金として、礼金敷金仲介手数料前家賃火災保険料が挙げられ、契約時に必要な金額はおよそ借りたい部屋の賃料6ヶ月分と言われてます。(別表参照) ですが、最近では敷金・礼金・仲介手数料ゼロという契約スタイルもあり、また、通常の賃貸住宅では家具家電類はもちろん照明器具も設置されていないことが多く、入居者が用意しますが、家具家電付で契約するスタイルも最近脚光を浴びるようになりました。
ダイレクト賃貸とは?

普通賃貸 ダイレクト賃貸

契約期間についてですが、一般の契約スタイルでは2年間が一般的で、契約期間が終わったあと、契約を更新して住み続ける場合、別途更新料や更新手数料などが必要なこともあります。
一方、定期借家契約というものは契約期間を自由に設定でき、極端にいえば1日でも10年でもOKなので、入居者のライフスタイルに合った契約スタイルを採ることが可能です。
最近利用者の増えているマンスリーマンションはこの定期借家制度を利用しています。 
マンスリーマンションとは?

普通賃貸 マンスリー

また、普通の賃貸借契約では、借りた物件の又貸しや、契約時に届け出た住人以外の同居を禁止しています。 たとえ結婚や出産等による増加でも、通知する義務がある、と取り決めていることがほとんどです。
つまり、複数人で住むことが了承された賃貸住宅であっても、そのメンバーは契約時に決まっている必要があったり、入れ替えがあった場合に届け出、契約の更新などの作業が必要になります。
しかし、ここ最近ルームシェアというコンセプトが知られることによって、2~3人での共同生活的な契約スタイルも利用され始めました。 以前よりルームシェア可能な物件も増えており、外国人は勿論、外国の人達と交流を持ちたい日本人向けの契約スタイルとして利用されています。
シェアードハウスとは?

普通賃貸 シェアードハウス